• トップページ
  • 雲晴寺概要
  • 境内のご案内
  • 永代供養墓「慈雲」のご案内
  • 永代供養付墓地「慈縁」のご案内
  • 坐禅会
  • 年間行事

あなたの人生を豊かにする言葉№5

「あなたの行動は、取るに足らないことかもしれない。
 しかし、「行動すること」、そのことが重要なのだ。」
         マハトマ・ガンジー(政治指導者)

インド独立を指揮したガンジーの言葉。
目標や問題を前にして、ひるまずにできることから行動に移しましょう。今の一歩が未来につながることを信じて!   幸導合掌

あなたの人生を豊かにする言葉№4

「心が暗ければ出会うものすべて災いとなり、
 心が太陽のように明るければ、出会うものすべてが幸いになる。」
    空海(真言宗の開祖)

日頃から笑顔でいる人は、自然と物事がうまくいったり、出会いに恵まれたりするものです。明るい笑顔は明るい人生をつくるのです。         幸導 合掌

あなたの人生を豊かにする言葉№3

「今日なし得ることだけに全力を注げ。
 そうすれば明日は一段の進歩を見るだろう。」
            アイザック・ニュートン(物理学者)

物理学などに大きな功績を残したニュートンの言葉。
どんな偉業も、日々の小さな努力の積み重ねによって実を結んだもの。今日、自分ができることに全力を注げば、明日の自分は確実に成長しているのです。

二度と戻ってこない今日という日を全力で生きる、禅の考えそのものです。
みなさんは今日、全力で生きましたか。。。 幸導 合掌

座右の銘№2

私には私にしかできないことがあり、あなたにはあなたにしかできないことがある。  最澄(天台宗の開祖)

周囲と比べて、自分には何もできないと悩む人も多いでしょう。ですが、あなたにはあなただけの魅力や才能が必ずあるのです。人と比べず、自分にできることや自分の良さを大切にしましょう。そうすれば、静かな自信が心の底からわいてきます。

著書 人生の道標になる 座右の銘より

壮大な岩が風にまったく揺るがないように、賢者は非難と称賛に動じない。 釈迦(仏教の開祖)

あなたの行動に周りは色んなことを言うでしょう。励ましや称賛もあれば、注意や非難もあります。

それらに浮かれたり、不安や迷いが生じそうになったら、大きな岩のようにどっしり構えましょう。

自分の軸がしっかりし、周囲に惑わされなくなります。

著書 人生の道標になる 座右の銘より

 

2月の月例坐禅会 222日(日) 朝7時より行います。

ご参加お待ちしております。

 

写真は遅れながら、節分の豆と恵方巻きです。恵方巻き皆さん食べられましたか?

恵方(えほう)とは、その年の幸運を招く方角のこと。恵方は毎年変わり、今年は西南西です。その恵方に向かって、巻ずしを無言でお願い事をしながら食べるのです。巻ずしの1本は長いので、食べ終わるまでに話をしてしまう人も多いのでは?(笑)

福を巻き込むという意味から、巻ずし。1本最後まで食べきるのは、縁を切らないという意味だそうです。色々な説はあるようですが。

元々は関西地方の風習ですが、最近では関東でも浸透してるようです。ちなみに関西では巻ずし、関東ではのり巻と呼ぶそうです。

今年も皆さんのお家に福は内~、福は内~!

節分

 

1月17日。。。5時46分。。。
ご遺族、ご親族の方々、神戸、阪神間、関西にお住まいの方には本日は特別な日なことでしょう。

阪神・淡路大震災より20年。
たった今、5時46分から本堂でご供養のお経を上げさせていただきました。
色々思う所はございますが、僧侶として、人として、ただただ、ご冥福をお祈りしてご供養させていただくしかございません。

合掌

今年最初の月例坐禅会は 平成27年1月25日(日)朝7時より行います。

いつも来られている方も初めての方も、ご参加お待ちしております。

今年1年のスタートとして、心静かにお寺で過ごしてみてください。

今日の一歩が明日への一歩

合掌

 

婚活・縁結びイベント、お寺でGOENの第2回の開催日が決定いたしました。

平成27年5月6日(水)祝日、ゴールデンウィーク最終日になりました。

詳細は案内パンフレットが出来上がりましたら、紹介いたします。

今回は1対1の自己紹介タイムの後に、抹茶体験をしていただく予定です。

難しい作法ではなく、イス席で抹茶の飲み方やマナー、抹茶の立て方など和の体験していただきます。

良い縁が結ばれることを願います。

雲晴寺の御守り

2015年1月5日

雲晴寺の御守り
新年より御守り始めました。

開運御守りや、縁結び御守り、子宝地蔵御守り、こども御守り、金運御守りなどなど様々な祈祷された御守りがあります。おみくじもあります。

以前より、御守りがほしいと言われた方には、お渡ししておりましたが、本年より境内に掲示し、いつでも授与できるようにさせていただきました。

落ちつきましたら、ホームページで御守りページも作成いたします。